月別アーカイブ: 2021年5月

「赤い羽根 フードバンク活動等応援助成」のご報告

2020年度は「赤い羽根 フードバンク活動等応援助成」をいただいて、備品の整備ができたり、交通費や配送料等を賄うことができて、コロナ禍で激増した流通量(年間40t以上)に対応することができました。

寄付いただいた皆様、本当にありがとうございました。

写真は、食品の保管庫に設置したエアコン、事務所に設置したプリンター、食品の引き取りや配送に活用する折り畳みコンテナです。

フードバンクぎふは、東海コープ小牧要冷センターまで、毎週水曜日に食品を受け取りに行っています。

シッパ―という発泡スチロールの箱40杯分を2台の車で運んできます。冷蔵庫の中にいるような巨大は倉庫の中での箱詰め作業も結構大変です。大垣の拠点に運んできた食品は、必ずその日のうちに、冷蔵状態のまま食品を必要としている方々のもとに届けます。毎週たくさんのサポーターさんのおかげで、冷蔵品を届けることができています。ありがとうございます。

野菜の提供も多いのですが、「畑に残っているほうれん草、全部持っていっていいよ。」などとありがたい連絡をいただくと、サポーターに連絡して、収穫作業から協力していただける方を募集します。

2020年度はほうれん草、キャベツ、小松菜など、何度も収穫作業に出かけました。他にもコストコさんのパンや、白鳥ファームさんのお米、セカンドハーベスト名古屋さん・のわみ相談所さん・フードバンク愛知さんなどからの食品提供を受けて、岐阜県のフードバンク活動の中心として活動を継続しています。

年間40tを越える食品、そして、生鮮食品をも届けることは、なかなか難しいことなのですが、たくさんのサポーターさんの協力や、寄付に助けられています。

2020年度に赤い羽根の助成金をいただけたことも本当にありがたく、今後の活動継続の力になりました。コロナの影響もまだまだ続きそうで、日々、助けてほしいという連絡が入ります。現在、NPO法人化の準備も進めていて、5月29日には設立総会も予定しています。今後とも、たくさんの皆様のご支援をよろしくお願いします。