困ったときはお互いさま

 2010(平成22)年厚生労働省調査によると、日本は先進国にもかかわらず、約2000万人の方が、112万円以下で暮らしています。これは日本全体で見ると、6人に1人の割合です。
 また、全日本民医連の調査によると、65歳以上の高齢者月収は、10万円未満の人が四割を占め、特に女性では過半数にもなりました。
 社会保障の充実が喫緊の課題です。同時に私たちが手をつなぎ支え合うことが求められています。

コメントは停止中です。